FC2ブログ

バッドラックイヤーズ

私のまわりの諸先輩の方々は、見事なぐらい厄年あたりで良くない事が起こっている。
私はそれほど信心深くない方だとは思うが、これほどまでに厄年あたりで良くない事が起こっていると、さすがに無視出来んものがある。
やはり昔からの言い伝えってのは、科学だけでは説明出来ない何かの方程式があるとしか思えないのである。

今年の私は厄年、しかも本厄である。
リアルバッドイヤー。
ここは厄払いの必要性を感じたため、日本の神社の元締め、トップオブ神社、天照大御神のおわす伊勢神宮へ私のCBR1000RRエンジン歌わせぶっ飛ばし。

朝8:30到着。

こんな時間なのに、すでに人が多い。
迷う事無くまっすぐご祈祷受付へ。
普通のご祈祷と巫女さんの舞い踊り付きのご祈祷があったので、巫女さんの舞い踊り付きを選択。
普通のご祈祷の3倍の値段だが、そこは迷わない。
このご祈祷を御神楽と言うが、御神楽の人は特別控え室で時間まで待ち合わせ。

超高級日本家屋な造作な建物。
しばし伊勢神宮の歴史のビデオを鑑賞しながら時間まで待った。
厄払いの人、会社の人、その他いろいろな祈祷をする人まとめて約30人ぐらいでいっぺんにご祈祷していただく。

祈祷が始まる。
お寺とは全然雰囲気が違う。
お寺と言うのは元々外国の文化だと言うのが良くわかる。
うっすらとした怖さのあるお寺とは違い、伊勢神宮は緊張感はあるものの、巫女さんの踊りがあったり雅楽の演奏があったりで、むしろ楽しげですらある日本文化の真髄と言うか真骨頂に魅せられてしまった。

一瞬だけ電気が走った瞬間があった。
その時こそ、神様が私の厄払いをしてくれたと信じる事とした。

一人一人神様からのお裾分けをいただき、帰りにもう一度本宮へお参り。


家路に着く前に、おかげ横丁で赤福のぜんざいを食す。

美味し。
さらに伊勢うどんまで食す。

美味し。
伊勢神宮周辺美味いもんだらけだ。

家に帰って、神様からのお裾分け。

オープーン!

天照大御神のお札。
神饌は食べなさいと説明書きが。
さらにオープーン。

スルメ、昆布、お米、お神酒、鰹節。
早速いただく事にした。

相当いいスルメだ。
超美味し。
その後は焼肉。

締めは、神様のお米入り焼肉丼。



今年はこれで大丈夫!!!!
・・・・・のはず。



スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://kzymask.blog.fc2.com/tb.php/262-9b4081be

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99