FC2ブログ

カズウのニッポン万歳(黒部ダム編)

私の家の近所って、名古屋でもディープな方である。
当然昔からやってまっせ的な感じの店が多い。
チャリで5分圏内にきしめん屋とか串カツ屋とかあったのは知ってたが最近になってようやく行ってみたら、あんまりにも美味くてハマりまくって今週は自炊してない。
こんなに美味いのなら、もっと早く行っておけばよかった。
肝唐メチャ美味し。
ダチョウ倶楽部の寺門ジモンによると、昔からずっと続いている食いもん屋ってのは、やはりそれなりに理由があって美味いらしい。
どっちの店もたしかに美味いもんな。

今日は休みだが今朝も通常通り起床。
朝風呂に入りながら「今日は何しようかな?」と思いつつも「ビール飲んでダラダラするかな?」とついついダメな方向に舵を取ろうとした瞬間、何故かわからんが猛烈にバイク乗りたくなった。
風呂上がってそのままバイクウェアに着替えて、そのままバイク乗って、前から行きたかった黒部ダムへ向かう。

バイクで走ってるととても気持ちいい。
まさにバイク日和。
今日も中央道経由、先週走った道だ。
アップダウンはあるし曲がりくねってるし、中央道は高速なのに楽しい。
長野県のSAでおやきを食って、4時間ほどで黒部ダムに到着。
黒部ダムって言っても、手前の扇沢駅に到着。
どうやら黒部ダムに行くには、扇沢駅からトロリーバスに乗らなければならないみたい。
わずか片道5キロほどで往復で2500円でえらい高っかいなーって思ったけど、後ほどその考えは間違っているとわかった。

ちょうど昼メシ時でトロリーバスの出発まで時間があったので、レストハウスで昼メシ。
黒部ダムカレー(笑)

カレーがご飯のダムでせき止められてた(笑)
カレー食い終わって、駅ではトロリーバスに並ぶ行列。

トロリーバス内では黒部ダムについての解説してた。
この解説聞いた時点でも、まだ黒部ダムのスゴさはまだピンと来てなかった。
黒部ダム駅に到着して、そのまま220段の階段を上り展望台へ。
展望台へ出たら思わず声が出た。
「おおおおおすげーーーーーー!!!」

たまたま放水してた。
周りのおっちゃんおばちゃんもみんな同様にビックリしてたが、綺麗なのと迫力があるのと何て言うか説明出来ないけどとにかくスゴかった。

黒部ダムには資料館があった。
大変な工事だったのはなんとなく知ってたけど、資料館で工事中のビデオを上映しているのを見て、改めて大変な難工事だという事が分かった。
最大の難工事だったのはトロリーバスが通っていたトンネルで、資材や作業員を運ぶための導線を作る工事。
破砕帯と言う、水が湧き出る岩盤層のために、わずか80m掘るだけで7ヶ月もかかったらしい。
実際に工事している所を撮影してたけど、現代ならば、とてもじゃないけど安全上作業中止だろう。
湧き出る水の温度4℃でチルド状態なのに、作業員はシャワーを浴びるがごとく水かぶって普通に作業してた。
トロリーバス往復2500円、全然高くねーよ!

慰霊碑もあった。

大変な人数の犠牲の上で完成された工事だったのね。
いくら難工事でも、現代の土木工事ならばこんなに死んだらダメだ。
過去の教訓ですな。

そして帰り際、テレビでなだぎ武が言ってたダムカードゲット。

売店で「ダムカードください。」って言ったら、アンケート用紙もらってそれに回答したらもらえた。
ダムカードの事誰も知らんのか、また、売店にはどこにもダムカードの事なんか何一つ書いて無いので、もらってるのん私だけだった。
売店のガチべっぴんお姉さんも半笑いで軽く仕方ないわね感を出してて、少し恥ずかしかった。

たまたま今年黒部ダムが出来て50周年で、また黒部ダムを観光できるのが11月ぐらいまでらしいので、今日行っておいてよかった。
寺社仏閣と違い、近代の建築物でこんなに楽しめるとは意外だった。
思った以上に黒部ダムスゴかった。
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://kzymask.blog.fc2.com/tb.php/187-b7d4c986

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99