FC2ブログ

カズウのニッポン万歳(天下布武編)

今日は休み。
朝起きても、一昨日の脚の筋肉痛が残りまくっている。
思わず二度寝したけど、今日もバイクに乗る気マンマン。

ウィキペディアの織田信長の所見ていたら、名古屋周辺は戦国時代の歴史探索にはうってつけ。
ほんの近所に、歴史上ターニングポイントとなった名所旧跡が多々ある事よ。すっかり忘れてました。

今日目指すのは比叡山延暦寺。

421号線をひたすら西進するルートで、石榑峠越え。
iTunesでももクロの新アルバム買ったので、超ヘビロテで聞きながらワインディングを楽しむ。
ちょうど昼頃近江八幡付近に到着。

昼ご飯に近江牛ランチ喰いながらグーグルマップ見ていたら、どうやら近所に安土城あるっぽい。

安土城に寄り道決定。


すぐ着いた。

安土城は現在残ってないのんわかってたので、正直全く期待してなかったけど、それは私の完全な間違いだった。

安土城に現在残っているのは石垣、廟ぐらいなのに、それを説明している看板とかで安土城がいかにすごい建物だったのか想像してみると、すっごい興味深い。もうたまらんと言ってよい。
想像力を掻き立てられてしまっている。

急遽予定変更。
安土城周辺にたくさんある資料館巡りに変更。

まずは安土城跡資料館へ。

よっぽど着てバイク乗ったろかなってギリギリまで悩んだけど、大人なのでやめといた。
コーヒー飲みながら安土城の説明ビデオを見る。
その後、資料館のおばちゃんのガイドを受ける。

安土城の復元模型。
1億2千万エーンだって。

次は博物館へ。
ここでもまず説明ビデオをしっかり鑑賞。

ここには当時の天守閣のてっぺんだけの復元が1/1スケールで作ってあった。
当時のヨーロッパ人でもすげーってビビったぐらいってのは充分に納得が行く。


天守閣の中心部は30mからの吹き抜けになっていて、キリスト教の教会をイメージしたんだって。
そんである階は中国の儒教のイメージ、ある階は日本の神道のイメージ、ある階はインドの仏教のイメージで作られていて、トータルイメージは宇宙。
説明ビデオではええ感じで言っていたけど、要するに良い意味でムチャクチャ&破天荒
宗教に対する考え方が思いっきり日本人丸出し。
西洋人には絶対わかってもらえない。
でも、わかってもらう必要はない。

ほとんどが安土城についての説明だけど、その他にも、ヨーロッパとの交流とか魔王ぶりだとかの資料が面白すぎた。

でも今までの名所旧跡巡りと違って、テンション上がりまくったなー。
ベタだけど、織田信長が天下とって300年続いたら、日本はどうなってたんでしょうね。
天下をとってないだけに、逆に想像力を掻き立てられますな。

次回のニッポン万歳は決まった。

比叡山延暦寺と本能寺。

安土城は京都のすぐ近く。
京都って、それぞれの時代時代で色んな歴史的ドラマあり過ぎて、困ります。

私、高校の時、歴史の期末テストで9点採ったことあるほど歴史嫌いだったのに
今は大好きです
スポンサーサイト



この記事のトラックバックURL

http://kzymask.blog.fc2.com/tb.php/124-09d5865b

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99