スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カズウのワンダフルコンビネーション(野沢菜編)

家でビール飲んでいたら、来客が。
一体誰かな?って思ったらNHKだった。
ひと月に一回以上NHKが来るけど、私の家に来ても残念ながら追い返されるだけなのに、連絡みたいなん行って無いのだろうか?
私はテレビ大好きだけど、私の家にはテレビありませんよ。
テレビ見たい時は、もっぱらYouTubeとかfc2ばっかり見てます。

ビール飲みながらアテが欲しくなったので、野沢菜切ってみた。
野沢菜美味い。
塩味効いてるしビールのアテにも良い。
野沢菜は漬物のくせに賞味期限が短いので、早く消費しなければならぬ。
クックパッドで調べて見たけど、どうもパッとしたもん見つからない。
でもまあ野沢菜自体大変美味いもんなので、シンプルに料理すれば美味いもん出来るんじゃないか?と思って作ってみた。


ごま油でちりめんじゃこと炒めて醤油かけてみた。
シンプルだけど安定してて美味い。


桃屋穂先メンマやわらぎと炒めてみた。味付けなし。
穂先メンマやわらぎ自体美味いので、相当なレベルで美味い。
今日は私の大好きな穂先メンマやわらぎだったが、多分桃屋シリーズなら何でもいけそうだ。

塩昆布と野沢菜の混ぜご飯からのおにぎり。
これはクックパッドにあったやつ。
当然美味い。
美味いけど、おにぎりは私を含め男が作ってはダメだ。
いくらサランラップしてても、ちんこ触った手なんかでおにぎりはイヤ。
やはりおにぎりは女の子が作るべきだ。

安直に野沢菜チャーハン。
これもクックパッドにあったやつ。
味付けは鶏ガラスープのみ。
野沢菜自体塩味キツ目なので、丁度良くなった。

野沢菜は単体で食っても美味いが、火を入れた方が美味い気がする。
中華料理の青菜炒めみたいにニンニクで炒めても美味そうな感じ。
でも不思議な事にあんまり野沢菜料理のレシピがない。
長野県のSAとかでもあんまり野沢菜料理なかったし。
ケンミンショーかなんかで紹介してるのだろうか?
白菜の代わりとか、ネギの代わりとか、思ったより何にでも使えそうだ。
スポンサーサイト

カズウのニッポン万歳(遊びに行ったなぁ愛知県編)

今朝も早起きしていつも通りのルーチンワークをこなした。
あんまりにもいい天気だし、やはり無性にバイクに乗りたくなった。
取り立てて行きたい所もなかったので、とりあえず戸越峠へ向かった。

思いっきりワインディングを楽しんで、そのまま矢作ダムまで足を伸ばした。
矢作ダム周辺はスピードも出るし、カーブだらけでバイクにはうってつけ。
非常に面白い。
怪我したらアホなので、無理はしないものの散々イキり倒して走りまくる。
一度サーキットを走ると、逆に公道では無理する気が起きない。
でも以前より、絶対速く走れている実感がある。

そして矢作ダムに到着した。

なかなかどうして矢作ダムも立派なダムじゃん。

ダムの上が道路で何気に通っていると、矢作ダムの管理センターがあった。
門は閉まっていたけど、何と「ダムカードが欲しい人はインターホン鳴らしてください。」との看板が。
インターホン鳴らして「ダムカードください。」って頼んだら、今日の当番らしきおっさんがダムカード持ってきてくれた。

先日行った黒部ダムのダムカードとか見せたりしながら、おっさんとダムについて談笑した。
・・・矢作ダムの管理のおっさんよ、すまん。
私、ダムについては全くわからん。
でも一つわかった事は、どうやらバイクとダムは相性がとてもいいみたいだぞ。

よくよく考えたら雲興寺からとは言え、ようもまあこんな所まで自転車で来てたもんだと改めて思う。
大正村とかおばあちゃん市とかまだ遠いのに。

散々イキって飛ばして帰った。
そして、ビール飲んで気絶。

カズウ男のどぐされ料理(ぼたごしょう南蛮みそ編)

今朝起きたら案の定下半身、特に内股内転筋が筋肉痛。
バイクの動きはほとんど下半身で制御するので、当然と言えば当然。
それと意外だったのが首。
バイクの加速減速のGは車よりはるかに激しいので、知らず知らずのうちに首にダメージが蓄積されてるのだろう。
そろそろマジでジム復活しなければならんねぇ。

今日も思いっきりバイク日和だったが、首と脚が筋肉痛なので無理せずバイク乗るのんやめて散髪へ。

よくよく考えたら先週の長野県遠征でお土産買ってたん忘れてた。


バイクで旅行行っても荷物載らんから現地で美味そうなもんとか今まで結構諦めてきたけど、車で行ったので買ってしまった。

味噌の方は、ご飯にかけたら美味いと書いてある。
と言う事は、結構何にかけても美味いんじゃない?

豆腐にON。

この味噌、青唐辛子が少しピリッとしてメチャ美味い。
辛いのん苦手だけど、これはいい。

うどんにON。

美味いカニカマもIN。
この味噌美味い。
白い食べ物と相性バッチリ。

この時点で買ってきた味噌、半分以上なくなった。
まぁ基本味噌なので、肉でも魚でも何でもいけそうだ。
残り半分、何かやってみよう。

野沢菜も食った。
やはり本場の野沢菜は美味い。
でも賞味期限が短い。
野沢菜って、そのまま食う以外何か調理方法ないんだろうか?
クックパッド見ても、何も載ってないし。

カズウのニッポン万歳(黒部ダム編)

私の家の近所って、名古屋でもディープな方である。
当然昔からやってまっせ的な感じの店が多い。
チャリで5分圏内にきしめん屋とか串カツ屋とかあったのは知ってたが最近になってようやく行ってみたら、あんまりにも美味くてハマりまくって今週は自炊してない。
こんなに美味いのなら、もっと早く行っておけばよかった。
肝唐メチャ美味し。
ダチョウ倶楽部の寺門ジモンによると、昔からずっと続いている食いもん屋ってのは、やはりそれなりに理由があって美味いらしい。
どっちの店もたしかに美味いもんな。

今日は休みだが今朝も通常通り起床。
朝風呂に入りながら「今日は何しようかな?」と思いつつも「ビール飲んでダラダラするかな?」とついついダメな方向に舵を取ろうとした瞬間、何故かわからんが猛烈にバイク乗りたくなった。
風呂上がってそのままバイクウェアに着替えて、そのままバイク乗って、前から行きたかった黒部ダムへ向かう。

バイクで走ってるととても気持ちいい。
まさにバイク日和。
今日も中央道経由、先週走った道だ。
アップダウンはあるし曲がりくねってるし、中央道は高速なのに楽しい。
長野県のSAでおやきを食って、4時間ほどで黒部ダムに到着。
黒部ダムって言っても、手前の扇沢駅に到着。
どうやら黒部ダムに行くには、扇沢駅からトロリーバスに乗らなければならないみたい。
わずか片道5キロほどで往復で2500円でえらい高っかいなーって思ったけど、後ほどその考えは間違っているとわかった。

ちょうど昼メシ時でトロリーバスの出発まで時間があったので、レストハウスで昼メシ。
黒部ダムカレー(笑)

カレーがご飯のダムでせき止められてた(笑)
カレー食い終わって、駅ではトロリーバスに並ぶ行列。

トロリーバス内では黒部ダムについての解説してた。
この解説聞いた時点でも、まだ黒部ダムのスゴさはまだピンと来てなかった。
黒部ダム駅に到着して、そのまま220段の階段を上り展望台へ。
展望台へ出たら思わず声が出た。
「おおおおおすげーーーーーー!!!」

たまたま放水してた。
周りのおっちゃんおばちゃんもみんな同様にビックリしてたが、綺麗なのと迫力があるのと何て言うか説明出来ないけどとにかくスゴかった。

黒部ダムには資料館があった。
大変な工事だったのはなんとなく知ってたけど、資料館で工事中のビデオを上映しているのを見て、改めて大変な難工事だという事が分かった。
最大の難工事だったのはトロリーバスが通っていたトンネルで、資材や作業員を運ぶための導線を作る工事。
破砕帯と言う、水が湧き出る岩盤層のために、わずか80m掘るだけで7ヶ月もかかったらしい。
実際に工事している所を撮影してたけど、現代ならば、とてもじゃないけど安全上作業中止だろう。
湧き出る水の温度4℃でチルド状態なのに、作業員はシャワーを浴びるがごとく水かぶって普通に作業してた。
トロリーバス往復2500円、全然高くねーよ!

慰霊碑もあった。

大変な人数の犠牲の上で完成された工事だったのね。
いくら難工事でも、現代の土木工事ならばこんなに死んだらダメだ。
過去の教訓ですな。

そして帰り際、テレビでなだぎ武が言ってたダムカードゲット。

売店で「ダムカードください。」って言ったら、アンケート用紙もらってそれに回答したらもらえた。
ダムカードの事誰も知らんのか、また、売店にはどこにもダムカードの事なんか何一つ書いて無いので、もらってるのん私だけだった。
売店のガチべっぴんお姉さんも半笑いで軽く仕方ないわね感を出してて、少し恥ずかしかった。

たまたま今年黒部ダムが出来て50周年で、また黒部ダムを観光できるのが11月ぐらいまでらしいので、今日行っておいてよかった。
寺社仏閣と違い、近代の建築物でこんなに楽しめるとは意外だった。
思った以上に黒部ダムスゴかった。

カズウ男のどぐされ料理(小栗旬編)

3連休でかなりの充電が出来たが、充電が急速過ぎたせいか全身筋肉痛。
上半身の筋肉痛はももクロで下半身の筋肉痛はバイクだ。
これだけ全身パンパンなのに不思議と疲労感が全くないのは、きっと良い時間を過ごせたためだろう。
やはり、休みの日こそダラダラせず、むしろいつもより早起きしてアクティブに過ごした方がいい。
改めてそう感じた。

ふとテレビを見ると小栗旬がCMでキャベツの豚汁をモリモリ喰ってて、あまりに上手そうなので味の素のHP見たらメチャ簡単だったので作ってみた。


キャベツと豚肉をごま油で炒めて、ほんだしと味噌で炊くだけ。
キノコ余ってたのでキノコもIN。
味噌はこの前サバの西京焼きで使った西京味噌。

小栗旬がモリモリ喰ってたのも非常にわかる。
メチャ簡単でメチャ美味い。
とても10分くらいで出来たとは思えん。
今までは何でもかんでもクックパッド見てたけど、調味料メーカーのHPも侮れない。

時間かけずに出来た料理が美味かった時は、本当に得した気分になります。

カズウ男のハッピーホリデー(ライダースクール編)

今朝は休みだからと言ってダラダラせず、普段通りに起床して、普段通りの朝の生活をした。
家を8:30に出る。

今日は安城自動車学校で、白バイ隊員によるライダースクールに参加してきました。

基本的にはバイクの免許を取る時みたいなコースだけど、コースをパイロンで少しタイトにしたり、信号なくしたり、スピード制限がなかったり、ほとんどジムカーナである。
白バイの模範走行開始。



カッコいいなんてもんじゃない。
白バイのバイクはCB1300と言ってクソ重たいバイクなのに、白バイ隊員は白バイを原チャリのごとく軽々と運転してた。
こんなん絶対逃げられんと改めて思った。
まさにストリート最強の称号がふさわしい。
非常にわかりやすい例えで言ったら、サーキットでのペドロサとかロッシがリング上でのヒョードルやノゲイラであるのに対し、白バイ隊員はアメリカ海兵隊だろうな。
路上ノールールなら、多分白バイ最強だと思う。

走行が始まり、何周もしていると自分の苦手な領域がわかってくる。
私は一本橋とか波状路との低速制御系がまるでダメ。
約1時間、ガッツリジムカーナやったら汗でびちょびちょ。
今日は夏が戻って来たかのようにメッチャ暑かった。

有意義な3連休でした。
疲れた。

カズウ男のハッピーホリデー(善光寺編)

ももクロライブ楽しかった!
モツ鍋美味かった!
大満足でホテルで気絶。

長野県は干しさんが学生時分の地元なので、連休2日目は干しさん案内で長野観光へ。
長野駅近くの善光寺参りに。
国宝で超有名な寺らしかったのだが、私は善光寺知らんかった。
お恥ずかしいかぎりである。

長野駅から程なく到着。
国宝だけあって、とんでもなくデカいお寺!
日本で2番目くらいにデカいんだって。

お寺付近は見事な門前町が形成されていて、お伊勢さんのおかげ横丁と雰囲気そっくり。

お寺参りの前に門前町で腹ごしらえ。

奥が干しさん注文のざるそばで手前が私注文の更科そば。
長野県のそばはやはり美味い。
私はさらに切り干し大根のおやき食べた。
おやき大好き。豚まんより美味い。

門前町を歩いていよいよお寺の中へ。

お寺の中は残念だけど、当然撮影禁止。
仏像の造形が素晴らしい。
また、そのバックストーリーと言うか裏設定がいい。
「25人の菩薩が楽器を奏でながら極楽から迎えに来る姿を表す。その中で誰も乗っていない蓮台はあなたが乗る蓮台。」
こういうのんいいですね。

いよいよ焼香して御本尊にお参り。
しっかりと良縁成就を祈願したが、暖簾が閉められていて御本尊は見れない。
60年に1度だけご開帳するらしい。
そこまで行くと、何か歴史の重みがスゴすぎてよくわからない。

次の順路は真っ暗な地下回廊に進むルート。
真っ暗な地下室には極楽の門を開ける錠前があって、それを探して触ると極楽への道が開かれるらしい。
地下回廊は本当に真っ暗で自分の手も見えない。
気分は完全にドラクエ。
幸いにも極楽行きの鍵に触ることが出来た。

やはり寺社仏閣は面白い。
美しい仏像の造形美とかは、完全に現代で言うところの「フィギュア」だ。
また、お寺自体が現代で言うところの「テーマパーク」だと思う。
昔の「フィギュア」も「テーマパーク」も現代でも充分通用している。

私もチケットゲットしたので、いつでも極楽浄土OK。

カズウ男のハッピーホリデー(gounn編)

私の引きの弱さは尋常ではない。
今まで大箱、LV色々含め10連敗。
そのため私は今までの生活を改め、まずは定期的なトイレ掃除、早寝早起き等生活習慣を見直し、「正しく生きる。」を出来る範囲で実践する事にした。
そうする事で、日頃の行いと言うのは大事だと言う事が非常によくわかった。

お前は何を言ってるのか?・・・と疑問に思われるのも無理はない。

スーパープラチナチケット、ももクロ秋ツアー長野大会当たっちゃったので干しさんと行って来た!!!

今までのハズれを全て帳消しにするほどの引きだ。

ももクロはすでにドームツアーしてもいいぐらいの動員力があるのに、「行った事ないから。」とか「美味しいもん食べたいから。」みたいな訳のわからん理由であえて訳のわからんド田舎ばかりを選んで開催された今回の秋ツアー。
当然何万人みたいな会場ではなく、観客席も少なめ。
長野大会はオリンピックが開催された長野ビックハットという会場で、1番遠い席でもステージから全然近い。
そんな中、我々の席はアリーナ2ブロック目ほぼセンター、しかも通路横で大暴れ可能の良席。

ライブ内容は、前半サイリウム禁止で、終始仏教の世界をイメージしたステージ。
三蔵法師や阿弥陀如来みたいな衣装があり、最後には何かものすごい小林幸子みたいな衣装で出てきて、一体ももクロはどうなってしまうのか笑ってしまった。

実はこの写真よりもすごかった。

後半はいつもどおりのももクロのステージ。
すでに全力が売りになる時期はとうに過ぎてしまって、余裕すら感じられた。
特に、高城れにのキレキレっぷりは間違いなく長野大会のMVPだ。
アンコールのないライブは初めてだったけど、時間さえあればあと2時間ぐらい平気でこなして我々の方がぶっ倒れてた事だろう。
私なんか、すでに肩が上がらない所まで追い込まれてしまった。

ライブ終了後はモツ鍋屋で反省会。
いつもなら次の日は仕事だけど、次の日は休みなのでちゃんとビールを飲み、目覚まし消してガッツリ寝た。

とても充実した連休初日だ。

決戦前夜

あえて少し遠回りして家に帰る。
名古屋駅付近で美味そうな店を探すためだ。
最近は日がくれるのが早い。
真っ暗になって、自転車で名古屋駅方面から家に向かっていた。
ママチャリにしてはそこそこのスピードで走っていると、息が上がり切った感じで後ろから声をかけられた。
警察の職務質問だった。
しかし私はスピードこそ落とすものの、質問に答えはしてもイキって決して止まる事なくこぎ続けた。
私のママチャリに鍵がないので、調べさせて欲しいという事だった。
もちろん私のママチャリはきちんと買ったものなのに、警官は明らかに疑っていた雰囲気丸出し。
このままこぎ続けてもおもろいかもとも思ったが、結局止まってやって、いろいろ調べられたが何もなし。
・・・当然だけど。
「私のモンやってわかった?」ってさらに軽くイキってやった。

職務質問って何で軽くイラっとするのだろうか?
警官も仕事のうちってのは充分理解してるけど、やはり正直言って警官に呼び止められるのは感じ悪い。
でももっと正直言うと、一緒にいたメガネっ娘の婦警さん可愛いかった。

明日は休みの予定だったが、急遽午前中だけ出勤しなければならなくなった。
明日は決戦だ。
召集令状きた。

うに。
どんな格好で寝てるのか、何をどうしたらこうなるのか理解不能。

カズウ男のどぐされ料理(塩焼きそば編)

いよいよ10月からむらむらさんやO川さんがCAD室の別室に行ってしまい、CADの事とかPCの事とか教えてくれる人がいなくなってしまった。
そんな事より、仕事中のバカ話の相手がいなくなったことが非常にツラい。
むらむらさんとのバカ話が面白いのは当然だけど、O川さんぐらいしか「猫のあるある早く言いたい」を言えなかったのに実に残念だ。
早く戻ってきて欲しい。

NHで仕事してると、たまにレアキャラが登場する事があって非常に楽しい。
今日は何と久しぶりにKNやんが現れた。
転勤して焼津の現場に赴任らしい。
今日いきなり名古屋にきて、昼ごろに東京に帰って行った。
あっちこっち振り回されて大変だけど、まぁそれもビジネスの内。
頑張ってね。

料理するようになって、本気でヤバい賞味期限と全然大丈夫な賞味期限の区別がつくようになった。
納豆なんかは10日ぐらい過ぎても全然大丈夫。
逆に鶏肉とかもやしは賞味期限前でも超危険。
んで、今日の晩ごはんは、またもや実は賞味期限切れの焼きそば。
2、3日なら全然平気。
でもソース味にはさすがに飽きたので、いろんなキノコ大量に入れて塩焼きそば。
椎茸、エリンギ、えのき、舞茸、しめじ。

男らしくフライパンのまま食す。

クックパッドでキノコ検索するとキノコの○○パスタばっかり。
ならば焼きそばでもアリではないかいなと思ったら、超アリでした。
味付けは鶏ガラスープとオイスターソース。
美味いに決まってるわいな。
焼きそば大好きだし。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。