FC2ブログ

鈴鹿「ツイン」サーキット

以前からとっても行ってみたかったバイクの走行会。
前回の幸田サーキットの走行会はむしろサーキット体験走行会と言った感じでそれはそれとしてとても楽しかったが、今回の走行会は初心者歓迎とは言え、クラス分けされたガッツリ走行会である。

場所は鈴鹿ツインサーキット。

最初、鈴鹿サーキットだと思って嬉しかったけど、調べてみたら鈴鹿サーキットの近所にある全然違うサーキットだった。
実際行ってみたら、私が亀山にいた頃のレオパレスのすぐ近くだった。
こんなサーキットあるって全然知りませんでした。

受付、ライダーズミーティングを済ませてこんな感じ。

養生テープで各所割れもんの養生。
こんなん見た事あるので、ちょっとテンション上がる。

20分×3本+30分フリーで合計90分のサーキット走行。

走る前に時間が少しあり、一人で自走で富山から来たと言う女の子のバイクをみせてもらった。
体に全然似合ってないえげつないぐらいデカいバイク。
カッコよすぎ。

1本目。
3周回は先導車付きのローリングスタート。
・・・・って言ってもこの時点で激っ速。
ついて行くのがやっと。
その前記の富山ガール、あのでっかいバイク、ガンガン寝かして飛ばしまくり。
もう、惚れた。大好き。

私と言えば、シフトダウン下手過ぎてケツ振りまくるし、車と同じ感覚でブレーキしてロックしまくりだし、大体時速200キロからのフルブレーキなんかした事ないわい!
でも不思議と恐怖感はなかったなー。

走行後、富山ガールと感想をお互いに言い合ってたら、「全然ヒザ擦れないんです。」だって。
・・・危うくプロポーズする所でした。

2本目。
相変わらず激っ速なローリングスタート。
カーブ突っ込み過ぎて、スピード速いなと思って、カーブ中に自転車と同じ感覚で薄ーーくブレーキかけた。

即、転倒!!!

あーもすーもなく、気が付いたらサンドバリアの中。
いわゆる握りゴケというやつ。
ケガとかはなかったけど、とにかくビックリした。

それよりも、ローリングスタート中の転倒ってのが恥ずかしい。
忘れていたけど、私は免許取ったばかりの超初心者だったのだ。
イキリ過ぎた。

バイクの操作って、とにかくデリケートに扱わねば全然いう事聞かぬもんです。
逆に言えば、デリケートに扱いさえすれば、どんどん機嫌良く曲がってくれます。

それがわかったのが3本目とフリー走行。
抜かれてもいいから、スローインファーストアウトなどと言った、基本に忠実に走ったつもり。
そうした方が速いと言うか、バイクが自分の思うままに動いてくれます。

それでもやはり速い連中は速い。
カーブのたびに離されていく。

カーブ中のスピードも、直線のスピードも、多分変わらない。
加速をするタイミングが違うのだろうと思う。

バイク面白すぎ。
ますます好きになった。

転倒した私を励ましてくれた富山ガールは、今日は鈴鹿に泊まって明日名古屋辺りのバイク用品店巡りして峠のワインディング通って帰るそうな。
気を付けて帰ってね。


走行会終わって少し冷静になった私は軽くブルー。


まあ、いいって。
スポンサーサイト



Template Designed by DW99